Takayoshi Ohmura Official Site

blog

エレキギター弦比較レビュー【有名メーカー編PART④/4種】

Share

①【ROTOSOUND / RH9 ROTO ORANGE HYBRID】

ROTOSOUND / roto orange

サウンドハウス / ROTOSOUND – RH9 ROTO ORANGE HYBRID

・値段:税抜き¥650(サウンドハウス)
・使用ゲージ:009, 011, 016, 026, 036, 046
テンション感(5段階):柔らかい♥♥
・太さ:THE スタンダード
・音質:落ち着きのあり、非常にクリア
・弾き心地:バランスが良く、ピッキングや鳴りがサラサラと滑らかで良い印象
・触り心地:つるつる
・おすすめピック:ピックを選ばない印象
クセLEVEL(5段階):1
・包装:紙+紙個包装
現在は2本1セット×3ビニール包装+乾燥剤
・その他:袋から弦を出した瞬間元気良く飛び出してくる程まっすぐな印象

 

 

②【SIT STRINGS / PN946】

SIT Strings - Power Groove0946

サウンドハウス / SIT STRINGS – PN946

・値段:税抜き¥730(サウンドハウス)
・使用ゲージ:009, 011, 016, 026, 036, 046
テンション感:柔らかい〜普通♥♥ or ♥♥♥
・太さ:THE スタンダード
・音質:クセがなくパワフル。ライヴや普段しっかり弾く人向けの印象
・弾き心地:フィンガリングのテンション感は柔らかいが、ピッキングはしっかりした印象
・触り心地:つるつる寄り
・おすすめピック:滑らかで尖ったピックの方がアタック感を出しやすい
クセLEVEL(5段階):3♥♥♥
・包装:ビニール密閉+2本1セット×3紙包装
・その他:チューニングの安定を高める「STAY IN TUNE加工」が施されている。
材質はピュアニッケル。

 

 

③【SIT STRINGS / S946】

SIT - S946

サウンドハウス / SIT STRINGS – S946

・値段:税抜き¥500(サウンドハウス)
・使用ゲージ:009, 011, 016, 026, 036, 046
テンション感:きつめ♥♥♥ or ♥♥♥♥
・太さ:若干太い印象
・音質:張り立てから落ち着きはあるが煌びやかさも十分ある
・弾き心地:アタックが出やすくクリア。両手共にしっかり弾き熟す大人向けの印象
・触り心地:つるつる寄り
・おすすめピック:ティアドロップタイプのような少し大きめでしなるピックに合う印象
クセLEVEL(5段階):3♥♥♥
・包装:ビニール密閉+2本1セット×3紙包装
・その他:こちらの材質はニッケルプレーテッド・ワウンド弦。

 

 

④【THOMASTIK / Infeld – IN110

Thomastik - Infeld

サウンドハウス / THOMASTIK – IN110

・値段:税抜き¥750(サウンドハウス)
・使用ゲージ:0010, 013, 017, 026, 036, 046
テンション感(5段階):ワウンド弦は柔らかく、プレーン弦は普通♥♥ or ♥♥♥
・太さ:若干細い印象
・音質:軽快でシャリッとした成分が豊か
・弾き心地:指やピックに吸い付いてくる感覚。ブルーズと相性が良さそう
・触り心地:つるつる
・おすすめピック:ピックを選ばない印象
クセLEVEL(5段階):♥♥♥
・包装:プラスティック+紙ジャケ+紙個包装
・その他:Superalloyという特殊合金をワウンドしている。
他メーカーに比べ巻き弦が非常にグニャグニャ柔らかく、若干癖が付いている。
張る前はゴムや糸のようで、弦の長さ自体も非常に長めのカット。

 

 

Share

No Comments

コメントを残す

Share